メンテナンス PR

中古車 メンテナンス

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

中古車は新車よりも安く、特定の車種を入手できるため人気があります。

ただし、他のオーナーが長年使用してきたものであるため、購入後すぐに行うべきメンテナンスがいくつかあります。

そのメンテナンスとは

購入した中古車をできるだけ長く乗るために 中古車は、車を購入する際にお金を節約したい人や、新車では購入できない特定のモデルの車を所有している人にとって、車の購入の選択肢を大きく広げる人気の市場です。

ただし、中古車とは、販売されるまでに別の所有者によって数年間使用された車のことです。 したがって、購入時にマシンがどれほど優れていたとしても、実行する必要のあるメンテナンス作業がいくつかあります。

そこで、購入した中古車を長く乗り続けるために、おすすめのメンテナンス手順を5つまとめました。

 ●タイヤ交換 中古車を購入したら、まず交換するのがタイヤです。

購入時に中古車店で新品タイヤに交換してくれる場合もありますが、そうでない場合は自分で新品タイヤに交換することをおすすめします。

中古車の場合、販売するまでどのように使用されていたか、どのように保管されていたか分かりませんので、たとえ溝が残っていたとしても、タイヤが古いか劣化している可能性が高いです。

●ショックアブソーバー交換

ショックアブソーバーは走行距離に比例して劣化しやすい部品の一つです。 ショックアブソーバーはサスペンションに内蔵されており、路面からの振動を吸収するため、乗り心地や操縦安定性に重要な部品です。

交換するだけで効果が体感できるほど変化するだけでなく、劣化した製品を使い続けると振動吸収性が低下し、車体に直接振動を受け続けて破損の原因となります。 購入した中古車をできるだけ長く乗り続けたいなら、交換も忘れずに。

●車内の清掃・消臭(エアコンフィルターの交換)

中古車を購入する際に一番気になるのは車内の匂いです。 前の所有者が喫煙者だった場合、これは特に重要です。 しかし、車のシートについた臭いを取り除くのは簡単ではありません。

そのため、ご購入後は一度は専門業者に内部クリーニングをご依頼されることをお勧めいたします。 匂いがそこまで気にならなくても、エアコンのフィルターを交換するだけで車内の空気がリフレッシュされるので、ぜひ試していただきたいメンテナンスのひとつです。

●ヘッドライトの黄ばみ対策。

ヘッドライトの黄ばみは、外装の中で最も車の古さを感じさせる部分と言っても過言ではありません。 そこでおすすめなのがヘッドライトの黄ばみ除去です。

ガソリンスタンドのプロに任せるのもいいですが、市販のヘッドライトクリーナーでも簡単に磨くことができますので、中古車の外装をリフレッシュしてみてはいかがでしょうか?

●塗装面の研磨、コーティング。

ヘッドライトの黄ばみと同じように、車のボディの表面も古さを感じさせますが、磨くだけで驚くほど印象が変わります。

市販のポリッシャーはカー用品店などで販売されていますが、車の磨きは難しく、知識のない人が行うと表面を削りすぎて塗装面を傷つけるなど逆効果になることもあります。

したがって、専門家に依頼した方が良いでしょう。 研磨後にガラスコーティングを施すと長期間塗装面を美しく保つことができますので、研磨とコーティングを一緒に行うとより効果的となる場合があります。

まとめ

新車や中古車を購入したら、長く乗りたいですよね。 したがって、販売から数年が経過した中古車だけでなく、前所有者が使用していた中古車を良好な状態に保つためには、最小限のメンテナンスが必要です。

メンテナンスをすることで愛車への愛着が深まり、より長く乗り続けたいという気持ちが高まります。 中古車を購入したら、ぜひこの5つのメンテナンスを試してみてください。

ABOUT ME
shimada550923
車を所有して約20年 車が好きで運転もカスタマイズも程々にやっております。 スポーツカーミニバンまでカスタムと車両のトラブルを色々体験してきました。 体験も載せていきたいと思いますので宜しくお願いします。