車のトラブル・修理 PR

車のバッテリー

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

皆さんは愛車のバッテリーをどのタイミングで交換してますか?

突然のバッテリー上がりはとても困りますよね?

出先では何もできずジタバタと・・・

家族旅行での出先では楽しいハズの旅行が・・

バッテリーの交換時期を考えてみましょう。

バッテリーの寿命はバッテリーの種類や使い方によって大きく異なりますが、一般的な車のバッテリーの平均寿命は2~3年です。 ハイブリッド車は平均して約3年で充電できなくなります。

車のバッテリーの平均寿命は2~3年と言われています。

バッテリー駆動時間は使用状況により変化するため、メーカー保証期間とバッテリー駆動時間は必ずしも一致しない場合があります。

また、ハイブリッド車のバッテリー寿命は平均約3年と長寿命です。 ハイブリッド車には走行用のメインバッテリーに加えて、主にハイブリッドシステムの起動と車内への電力供給を担う補助バッテリーが搭載されています。

ハイブリッド車は、駆動用のメインバッテリーの他にも補機バッテリーが搭載されており、主にハイブリッドシステムの起動や車内の電力供給をしています。

アイドリングストップ車の寿命は平均1年半~2年です。

新型車に搭載されることが多いアイドリングストップ機能は、停車時の燃料消費量を削減し、燃費の向上と環境に優しい機能です。

ただし、アイドリングストップ機能はバッテリーに負担がかかるため、バッテリー寿命は平均1.5~2年となります。

取り外して約1年間保管可能

 
バッテリーは車から取り外して約1年間保管可能です。
 
ただし、バッテリーは保管していても常に自己放電します。 そのため、取り外して保管した場合でも、できるだけ早くご使用ください。
 

車のライトが暗いのはバッテリーの寿命が近いから

バッテリーの寿命が近づくと、ヘッドランプが暗くなってきます。最近増えてきた白いヘッドランプ(HID)の場合はバッテリーの寿命と明るさは関係ありませんが、黄色っぽいヘッドランプ(ハロゲン)の場合はバッテリーの寿命が短くなると徐々にぼんやりと明るさが失われていきます。

どうしてバッテリーの寿命とライトの明るさが関係するのか

実はバッテリーの寿命間近でもライトの明るさが変わるなんてありえない!という声もあります。しかし型式が古い軽自動車などではよくあった症状なのです。

特にその症状が顕著に表れるのが停車中です。停車中はライトを点けるための電力はバッテリーが補います。しかしバッテリーが交換時期間の場合は供給電力が不足し、弱々しいライトの明かりになってしまうのです。

車のバッテリーの状態と寿命を確認する方法

バッテリーの寿命を具体的に診断して確認できれば、バッテリーを交換するかどうかを決定できます。

バッテリー電圧を確認してください

エンジン停止時のバッテリー電圧の正常値は12.6Vです。 このとき電圧が12.5Vを下回っている場合はバッテリーの容量が弱くなっているサインです。

一方で、バッテリー電圧が12.6Vを超える場合がありますが、これは走行直後に見られる現象であり、電気系統をOFFにしてしばらく待つことで正確な値を知ることができます。 その間。 戻る。 数値が極端に高い場合は再度測定してください。

バッテリーの電流値をチェックする

バッテリー電流の一般的に使用される指標は CCA (コールド クランキング アンペア) で、エンジンを始動するためにバッテリーがどれだけの電力を必要とするかを示します。

実際のCCA値もバッテリー性能の低下に比例して低下します。 テスターで測定することでバッテリーの劣化率を算出することができます。 定期的に測定することで、バッテリーの交換時期を判断することができます。

バッテリーの寿命を延ばすには

バッテリー上がりを防ぐ 車のバッテリーを長持ちさせるために最初に行うべきことは、バッテリー上がりを防ぐことです。

バッテリー上がりの原因としては、半ドア放置、ライトの消し忘れ、長時間車を乗らない、エアコンやオーディオの使いすぎなどが考えられます。

車から降りる前に必ずライトを消したり、必要以外はエアコンを使用しないなど、バッテリー上がりに注意してください。

定期的にバッテリー液の状態を確認してください

定期的にバッテリー液の状態を確認することも大切です。 車のシステムに問題がある場合、バッテリーが過充電になり、バッテリー液が急激に減少し、バッテリーの消耗につながる可能性があります。

電池ケース上部の穴から電池の残量や状態を確認できます。 自分で作業するのが不安な場合は、ガソリンスタンドや量販店、カーディーラーなどで点検してもらうと良いでしょう。

車から降りる前にライトを消したか確認する、不要なエアコンは使用しないなど、バッテリー上がりを起こさないよう注意しましょう。

週に一度、少なくとも 30分間は走行する

 短距離の走行が多かったり、使用頻度が極端に少ない場合は、バッテリーの充電が不十分になることがあります。

バッテリーが完全に充電されていない場合、バッテリーの消耗が早くなるため、定期的に車を走らせることが重要です。 バッテリーを充電するには、バッテリーの寿命を延ばすために、週に 1 回、できれば晴天時の長距離運転中に少なくとも 30 分間走行してください。

寒さ対策をしましょう

車のバッテリーは外気温の影響を受けやすく、20℃程度では性能が安定し、気温が低くなると性能が低下します。

 寒い季節のパフォーマンスの低下に備えるためにも、ガレージなどの屋根付き駐車場が理想的です。

また、バッテリーを寒冷地用に交換するだけで劣化を防ぎ寿命を延ばすことができます。

バッテリーに関しての疑問

バッテリーによって価格が異なるのはなぜなのか?

 電池は大きく分けて国産品と海外品があります。

さらに複数の種類があり、一般的には高価なものほど品質が高いと言われています。

安い海外製バッテリーを選ぶのも良いですが、故障のリスクを避けるためには国産バッテリーの方が安心です。

車のバッテリーはどのくらいの頻度で交換する必要がありますか?

一般的に車のバッテリーは2~3年に1回交換するのが適切と言われています。

ただし、頻繁に運転し、バッテリーの消耗が激しい場合は、3 年以内に交換する必要がある場合があります。

車の使い方によってバッテリーの消耗量は変わりますか?

走行頻度や走行距離など使用状況が変化すると、磨耗量も変化します。

年間走行距離10,000kmと20,000kmを比較すると、20,000kmの方が交換頻度は高くなります。 走行距離に加えて、他の多くの要因がバッテリーの消耗に影響を与えます。

まとめ

 

近年、バッテリーの性能向上により、今まで問題なかったバッテリーが突然ダメになるケースが多くなっています。
 
このため、バッテリー寿命の判断が難しくなります。 中古車を購入する際に気になるのが、搭載されているバッテリーの状態です。
購入してもすぐにバッテリーの寿命が来る可能性があります。
 

 

車の購入時に充電制御システム用のバッテリーがついていたら購入する際にも対応バッテリーを買って下さい。

安い未対応のバッテリーだと充電が追い付かずにバッテリーがあがります。

日々の点検で早めの交換をおススメします。

 

ABOUT ME
shimada550923
車を所有して約20年 車が好きで運転もカスタマイズも程々にやっております。 スポーツカーミニバンまでカスタムと車両のトラブルを色々体験してきました。 体験も載せていきたいと思いますので宜しくお願いします。