交換 PR

電気自動車

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

電気自動車のメリット・デメリット、電気自動車が普及しない理由について。

そもそも電気自動車は本当にエコなのでしょうか?

エンジンを搭載した車やエンジンとモーターを組み合わせたハイブリッド車は、走行中に化石燃料を燃焼しCO2を発生します。

一方、電気自動車は、バッテリーに貯めた電気を使ってモーターを回転させて走行するため、走行中に排気ガスを排出しません。

しかし、電気自動車のバッテリーに蓄えられた電気がどのように作られるのかを考えてみると、電気自動車もエコではないことがわかります。

太陽光や風力などの再生可能エネルギーや原子力だけで発電すれば排出量は実質ゼロになるが、現在日本の発電量のほとんどは火力発電です。

これは、車の排気管から CO2 を排出するのではなく、発電所から CO2 が排出されていることを意味します。

このように、環境に優しいとは言いにくいのが現状です。

電気自動車とは

電気自動車は、ガソリンではなく電気で自動車です。

ガソリン車はエンジンを搭載していますが、電気自動車はエンジンの代わりにモーターを搭載しており、電気自動車はバッテリーに貯めた電気を使ってモーターを動かします。

電気自動車のメリットとデメリット

電気自動車の長所と短所は何ですか?

メリット

電気自動車は走行中にCO2を排出しないため、環境負荷が低いです。

電気自動車はエンジンがないため、停止時の振動や騒音が少なく静かに走行できるのも利点です。

電気自動車はスムーズかつ力強い発進ができ、アクセルペダルで車の速度をコントロールしやすいのもメリットです。

電気自動車の大きな魅力のひとつは、緊急時の電源として活用できることです。

デメリット

電気自動車のデメリットとしては、車両自体の価格が高いこと、充電時間が長いこと、充電ステーションが不足していることが挙げられます。

今後電気自動車を普及させるためには、これらの課題を解決する必要があります。

電気自動車はどれがいい?

電気自動車を選ぶ際に注意すべきポイントは何ですか?

使い方によって選び方は変わってきます。

電気自動車を選ぶときは、電気自動車をどのように使用するかによって適切な自動車が異なります。

電気自動車の場合、1回の充電で走行できる距離は搭載されているバッテリー容量によって異なります。

1 回の旅行で長距離を運転することが多い場合は、航続距離が長い電気自動車を選択するとよいでしょう。

ただし、バッテリー容量が大きいほど車両価格は高くなります。 短距離を走行するだけであればバッテリー上がりの心配も少ないので、価格を優先してもいいかもしれません。

自宅ではどのような環境で充電できますか?

戸建住宅の場合は充電設備の設置も可能です。 ただし、マンションなどの集合住宅に住んでいる場合は、無断で充電設備を設置することはできません。

自宅に充電環境がない場合は、頻繁に充電ステーションに行く必要があります。 たとえ短い距離しか車を使用しない場合でも、航続距離が長い電気自動車を選択した方が安全です。

人気のある車両を選ぶべきなのか?

電気自動車の人気車両を掲載しているサイトもあります。

ただし、上で述べたように、電気自動車をどのように使用するか、自宅に充電設備があるかどうかによって、選択すべき電気自動車は異なります。

ランキングの上位にある電気自動車が必ずしも自分に合った電気自動車であるとは限りません。 電気自動車を選ぶ際には、車の用途や充電設備の有無などを考慮して、自分のライフスタイルに合ったものを選ぶことをおすすめします。

電気自動車の課題

なぜ電気自動車が普及しないのか

充電ステーションなどが少ない

電気自動車はバッテリーに蓄えられた電気をエネルギーとして走行します。 そのため、ガソリン車と同様、走行中にバッテリーが消耗した場合にはエネルギーを補充する必要があります。

しかし、日本ではまだ充電ステーションが十分に整備されていないのが現状です。

充電料金はいくらですか?

あなたの家の電気代はいくらですか? 自動車メーカーなどが公共の充電ステーションを利用する際に使用できる充電カードを発行しています。

料金プランはカード発行会社によって異なります。 お持ちの車の車種や使い方に合わせて、最適なプランをお選びください。

地方自治体の補助金について

地方自治体によっては電気自動車の購入時に補助金を支給しているところもあります。

充電設備の導入を支援する補助金を支給している自治体もあります。

電気自動車は、時間をかけて普通に充電することで、バッテリーを長期間使用することができます。

急速充電は、目的地に到着するまでに不足しているものを補いたいときなど、非日常的な用途として考えるのがよいでしょう。

駐車場での充電設備を義務付ける法整備がなければ普及は難しいでしょう

まとめ

電気自動車は、ガソリンの代わりに電気で走る自動車です。

電気自動車の最大のメリットは環境負荷が少ないことですが、デメリットは価格が高いことです。

さらに、充電ステーションが不足していることも、電気自動車の普及が進まない理由の1つであると考えられています。

ただ、自治体によっては電気自動車の購入や充電設備の設置に利用できる補助金制度を設けているところもあります。

電気自動車の利用を検討している場合は、自治体の補助制度を確認してみると良いでしょう。

ABOUT ME
shimada550923
車を所有して約20年 車が好きで運転もカスタマイズも程々にやっております。 スポーツカーミニバンまでカスタムと車両のトラブルを色々体験してきました。 体験も載せていきたいと思いますので宜しくお願いします。